体の一部に異変が起これば骨盤に影響がでる

MENU

体の一部に異変が起これば骨盤に影響がでる

骨盤を矯正することと、
体全体の調子を整えることは強い結び付きがあります。
しかし骨盤周辺に負担がかかっていることがわかっても、
何が原因でそうなったかという原因についてしっかりと見極めなければ行けません。
心に疲労がたまっているからという人もいますし、
偏った食生活が原因という人もいるでしょう。
良い施術者はこういったことに注意を向け、
きちんと原因を見つけ出します。

 

整体院にいってみたけど今一調子がよくならないという人は、
他にいい施術者を探す必要があるでしょう。

 

 

 

よく整体師に寄せられる質問のひとつに
骨盤が歪んでいると妊娠ができにくいというものがあります。
しかしそういった事はありません。
骨盤の歪みと妊娠のしやすさとは関係がほとんどないでしょう。
過去に骨盤の手術を受けて、
骨盤の形を変えた場合でも出産はできます。
骨の形が妊娠できなくなるほど変わるというのは、
相当大きな衝撃を与えない限りないと言っていいでしょう。

 

また腰の周りの筋肉、贅肉が前後ろ、左右で違うという人もいます。
手足の筋肉も左右で固さが違うという人がいますね。
こういった場合一部の筋肉を酷使してい、
長期のデスクワークで姿勢が悪くなるのが原因でしょう。
下半身の股の周辺に痛みが出たら、
骨盤が上下左右どれかの方向に傾くことがあり、
そうなれば足の長さが左右で違ってきたりします。
腰の骨が歪んでいる場合
中の神経などを圧迫するので腰痛になることもあります。
こうした症状が現れている人は、
整形外科に行って一度施術を受けることをおすすめします。