生理不順を治すために

MENU

生理不順を治すために

体のいろいろな凝りは生理とも関係があります。
首からいろいろな筋肉が固くなり
]それが原因で他の場所もどんどんその影響を受けていきます。
そうして肩や腰なども凝りがたまるということがあるのです。
それが原因で腹部やその周辺が
逆に骨盤を緩めて正しいバランスを保とうとするときに痛みが起きます。
生理の期間は人それぞれ違いますが、
このときに骨盤も緩んだりするのです。
精神的にまいっているときには子宮の動きも大きくなり、
いろいろな悪影響を及ぼします。
骨盤がおかしな場所に傾くと、
結構も悪くなりその結果体調不良に陥りやすくなるのです。
骨盤が悪い状態にあれば周りの筋肉も固くなり、
子宮に強い圧力を与えることがあります。
こうなれば更に血行が悪くなり生理痛なども激しくなります。
骨盤の位置を整えるということはこうした、

生理の時の症状をやわらげる効果があります。
普通の人よりも生理が重いという人は
こうした事を念頭に置いて一度考えてみるといいでしょう。
 

 

女性の骨盤はこうした生理で緩んだり元に戻ったりを繰り返しますが、
何故そうなるのかというと精神的な負担が大きくか変わっていると考えられているのです。
なにか衝撃的なことがあり、
そこまで行かなくても強いストレスにさらされている場合、
無意識のうちに体を強ばった状態にして凝りができやすい状態にしている人も多いです。
生理が重くなったりする原因にはこうしたものが多いのでしょう。
整体で体を整えて、
カウンセリングなどで心も整えていくという両面からの治療が必要になるでしょう。